突然に訃報でお金が必要になりました

突然に訃報でお金がない

毎月、家族4人ぎりぎりの家計で生活していました。

 

原因は、何と言っても子供が成長するにつれて食費や教育費そのほかいろいろなものにお金がかかるようになったからです。
子供が学校に行っている間に、パートで収入を増やしても出ていく出費は増える一方で、到底貯金などできない状態でした。

 

そんな状態の我が家に突然お金が必要になる出来事が起きたのです。
深夜に電話が鳴り、眠たい目をこすりながらとっってみると、実家のおじいちゃんが危篤の状態で今夜が山場だということでした。

 

小さな頃からかわいがってもらったおじいちゃんに一目会いたいとは思ったのですが、問題はお金です。私の実家は今住んでいるところから、飛行機で1時間ほどのところにあります。

 

家族4人分の飛行機代に香典やもろもろのお金を計算すると、ざっと見積もっただけでも数十万円かかります。「どこからどうしたらこんなお金が用意できるの?」と一気に悲しみにふける余裕もなくなりました。

 

でも、私は一人っ子だしどうしてもいかねければならない状況です。

 

仕方がないので、子供の進学準備金として学資保険から出たお金を使うことにしました。今回のことで慶弔関係は不意にやってくるものなので、万が一に対して備えることは必要だと実感しました。